大阪合気道自主稽古会

流派を問わない合気道の稽古場です。漫画、小説、修行の旅が混在しています。稽古記録はタグをご利用ください。

稽古記録25番外編(2018/1/28)

芦屋道場 雪

正面打で 接点の圧を変えずに腰を入れる  の練習をしました。いつまでたっても難しい。電車などで自分の腕を押したり掴んだりしてます。

昔は手持ち無沙汰になるのが嫌で鞄には必ず文庫本を入れていましたが、今は自分の腕で時間が経ちます。 

 

■ 屈筋を使わない屈曲

包みこむ接触がなかなかできなかったのですが、「伸ばしきってから脱力したときの自然な戻りだ」と言われてとても納得です。屈筋を使わずに屈曲することができるとは。なるほど。

 

▪️ 伸ばしつつ

ある平日の朝、目が覚めて寝床の中でうーんと伸びをしました。その時、これだ!と気づきました。合気道で使う、「伸ばしているが伸ばし切らず、伸ばしつつある」状態。体が勝手に伸びをするときは、両手は敷布団からはみ出して伸ばしきっても、まだまだ伸ばし続ける感じになります。あの 伸び というやつは 意識はしているがほとんどは不随意運動です。

         f:id:fanon36:20180204135746p:plain

 

あくびも。