大阪合気道自主稽古会

合気道経験者のための不定期な稽古会です。忙しくて道場に通えないが時々稽古したくなる人向け。流派は問いません。

稽古記録 2017/8/25の野外稽古

 

   ★ 本日の"幻想のTABOO" ★

   ① ふらついていい 軸は傾いていい

  

2017/8/25(金)18:15-19:30日没まで

  f:id:fanon36:20170826014547j:plain ←野外道場の噴水はお稽古終了の合図

<参加者>2名

<負傷者>なし

    <稽古記録>

【1】 前回に続き、運足です。

前回は 「ステップ1.浮かんだ体」をやりました。

今回はステップ2~5です。

2. とことん倒れそうになる;「傾きふらつきOK」を脊髄に叩き込む。

3. 回転;足型に決まりはないが、"小幅で・揃えて・踵でも可"。

4. 大幅に捌く①V字移動;方向や角度に決まりはないが、やはり足はすぐ揃える。

5. 大幅に捌く②スキップ;やはり足はすぐ揃える。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 運足の項 終了ーーーーーー

 

 

  ★ 運足はシンプルな運動ですが、目的は身体&無意識の解体と再構築です。

稽古をしてみればどんなに自分の体と無意識が、

”軸を傾けたらいけない、静的に安定しなければならない、寄りかかってはいけない、ふらついてはいけない、重心を浮かしてはいけない、中心は丹田でなければならない、体全体で動かなければならない…”

などの多岐にわたるtabooで縛られているかが分かります。しかしこれらは なにひとつtabooではなかったのです! エキサイティングでしょう?

 

ところが「なるほど!分かった!」と頭で理解しても、一瞬では切り替わってくれません。気を付けていても、すこし油断すると体と無意識は従来のこのルールを守ろうとします。

回路の繊維を1本1本繋ぎなおすような地道な作業が必要です。

なぜなら、ルールがない、という自由さを生存本能は警戒をするので(自由はエネルギーロスが多く、生命維持には不都合な状態)、そこを宥めながら慎重にしなければ、また自分で囲いを作ってしまいます。そういう意味でも、稽古には客観性をもつパートナーや仲間が役に立ちます。

 

 

【2】「気」または「ベクトル」または「鰻」 ~片手交差取入身投~

接する場所(受の拇指示指間 Fig.1)にかかる力の方向と力を変えない(受の無意識に警戒心を起こさせない)

      f:id:fanon36:20170828143516p:plain Fig.1 接する部分

という、「何百回も聞いたが一度もできない」運動をクリアするために、いろいろな体の操作法が考案されています。

気をイメージしてもよいし(Fig.2)、鰻でもできます。

               f:id:fanon36:20170828143445p:plain   Fig.2  ぶつからない力の方向

 

共通する運動イメージは、

① 指の先から引っ張られて動くように

② 設定する最終地点は遠くに

③ 浮かんだ腕を維持したまま

④ 指が行くから、仕方なく体も傾いたりふらついたりしながらついていく (Fig3.)。

   f:id:fanon36:20170828143247p:plain Fig.3 鰻に導かれる運足

 

 練習その1.) 大きな気の先行(上記鰻のこと)

鰻(とか気)が先行する。このとき、安定しなければならないと誤解したままだと所謂「手だけで動いてる」と言われる動きになってしまいます(Fig.4)

     f:id:fanon36:20170828143538p:plain Fig.4 軸をまっすぐ、という強迫観念に囚われている人

 

練習その2.) 小さな気の先行(犬の散歩)

動きをより小さく、意識でより補う運動。実際は真面目に歩いているが、心の中ではFig5.くらいの自由度のつもりでいる。とっさにどちらへも動ける。

    f:id:fanon36:20170828143621p:plain Fig5. 想像の犬

 

 

         <Debreafing>

行動を決定する際に、意識1人に対して無意識3万人 という勢力図だそうです。

意識が1人どんなにがんばっても思うようにいかないのはこのためです。自分の無意識をどう説得するか、が決め手です。

ひたすら繰り返し練習する、の他に何ができるかを考えることは、残り時間の少ない大人には必要です。

例えばCPP(Conditional Place Preference 条件付け場所指向)をわざと形成する。

そのためにDebreafingも必ず楽しく。兎もチェリーアイスクリームもCPPです。

 

     @ Le Roux (大阪市北区天満2-7-6/ 角の小さな仏料理店。深夜2時迄 )

 f:id:fanon36:20170828151639p:plain  f:id:fanon36:20170828151430p:plain