大阪合気道自主稽古会

合気道経験者のための不定期な稽古会です。忙しくて道場に通えないが時々稽古したくなる人向け。流派は問いません。

稽古記録22 (2018/1/19)

<稽古記録>

2018/1/19(金)18:30-20:00 地下道場  <参加者> 2名  <負傷者>なし

f:id:fanon36:20180121143850j:image当道場のベストパートナー

 

【1】合気と合気道

合気道と合気とを明確に区別しましょう。混同して説明すると初心者を混乱させてしまいます。今私たちがやっているのは合気道のほうです (Table1)。

  Table1 「合気」と「合気道」は意外と別物

f:id:fanon36:20180121144733p:plain

 

 

1-2 合気道での力

自分の力を最大限に利用するために自分の力を分解してみます。

   力 = 重さ(体全体) x 速度

です。コロコロがついた椅子をドンと押してみましょう。手だけで押すより体全体で押す方が、椅子は遠くまでコロコロと動きます(Fig.1 左)。

  f:id:fanon36:20180121145219p:plain Fig.1 体でゆっくりと押していく

続きを読む

物理学酒場6: 相対性理論②

 【謎空間】

2018年1月11日。神戸のとあるスペイン料理店。今年も早々に、営業中のレストランの一隅にホワイトボードとテーブルを寄せて、物理実験室です。たぶんこの冬一番寒い夜でした。

 

【重力による加速】

空気抵抗のない真空では、重い本とティッシュペーパーが同じ速さで落ちるといいます。宇宙的な光景が思い浮かびます。これを空気に満ちたレストランでや再現しました。どうやって?使ったものは、本とティッシュペーパーだけです。

f:id:fanon36:20180116172520p:plain Fig.1 本とティッシュの真空実験

続きを読む

稽古記録21 番外編2018.1.8

2018/1/8 月祝 雨 芦屋稽古会

皆さんはニューロンは好きですか?私は好きです。今日は嬉しい、合気道ニューロンという好きなもの同士の融合です。

 

【合気上げは基本練習のパッケージ】

いつもの「脱力」と「入力」と「折れない手」セット。脱力は「方向性を無くす」作業ですから、力を入れないでおくいう程度ではいけません。芯からの脱力です。訓練を要します。掴む方は戸惑いや、やりにくさを感じます。

入力は「フェイクの方向性を入れる」作業です。相手にばれない程度に確実に入れる練習をします。さて最後の「折れない手」です。

 

【折れない手を細かく見ていこう】

両腕をのびのびと伸ばそうとしてください。「折れない手」です。しかしそのうち伸びきってしまい、その姿勢で止まります(Fig.1)。この伸びきった停止姿勢は弱いです。折れない手ではありません。何故でしょうか。

f:id:fanon36:20180108151710p:plain Fig.1 同じ腕の長さだがAは運動、Bは状態

続きを読む

合気道のための運動いろいろ

■ ヨガと合気道の相性

先月末に、合気道に必要なのは体の後ろの筋肉だ!と改めて実感したわけですが、この筋肉群は鍛えにくいものです。自己流のウェイトトレーニングをして邪魔な筋肉がアンバランスにつくのも良くありません。稽古の動きにより自然に鍛えるのが理想とはいえ、学生ならともかくそれだけの稽古時間はとれません。困っていました。

そんな年末に、ヨガにはまっている知人に会いました。彼が数か月前にホットヨガを始めると言った時、私はあまり興味がありませんでした。大変きつそうだし、美容にも健康にも興味がなかったし、ヨガなんてストレス多き都会のホワイトカラーが行くところというイメージ (偏見) だったからです。

続きを読む

稽古記録20 番外編2018/1/6

普通の合気会に真面目参加。

ある師範は二教を掛けるとき、ほとんど動かないように見えるのに強烈にかかります。というより接触したと同時にかかるのです。真似をしたいのですが、彼は手首が持てないくらい太くて硬く体型が違いすぎるので真似しようがありませんでした。

本日その師範のやり方を思い浮かべながら二教を練習していて、(一体あれどうやっているのかなぁ?)とちらりと師範の方をみました。新人に受身を教えているところで、その丸太のように太い前腕が目に入った瞬間に、私たちの二教がかかったのです (Fig.1)。

続きを読む

冥王星島 19

箱尾地方の風習 (中)

冬至には、その日までにきちんと掃除した屋内で、数多い器に準備したご馳走をお供えする。翌日のための準備もあるのでこの日はどの家も忙しく、お客は来ない。お供え物には手をつけてはいけない。その日の夕飯は遅い時間に にしんそばですませることに決まっている。冬至だからお風呂に浸かってしっかり温まる。そして翌日が籠る日だ。電気を使わない日だ。この日は台所も火を落とし、冬至のお供えを下げて食べる。

 とにかく山間の寒さをしのぐことか重大事で、普段はあまり使わない石油のストーブや火鉢が用意される。台所が使えないといっても熱いお茶は欲しいので、すぐに湯が沸かせられるこれらは便利だ。火鉢の火というのは思いのほか強い。この日は人が集まる。寄り集まることも部屋を暖かくする。 

電気が使えないと、午後の4時半ともなると暗さのために実のあることは殆どできなくなります。パソコンが使えない。テレビも見られない。となると薄闇の中で人は暇です。人相手に暇をつぶすしかないものですから妙に子供っぽくなったりします。 (続く)

     f:id:fanon36:20170925114910p:plain

冥王星島18

箱尾地方の風習 (上)

まいとしその日はだれでも仕事は正午で終わることになっている。それは冬至の翌日だから崎羽の山奥は風が気化した氷のように冷たい。同僚たちは仕事が終わって帰らなければならないのが少し落ちつかないとみえて、紙の束を紐で綴じたり給湯室の古い茶葉を処分したり窓の締まりを確かめたりしている。私は鍵を締めるから、といってとうとう連れ立って仕事場を出た。

 

わずか5分も歩かず寮に着く。入り口はアルミサッシで冷えて見えるが、数年前まであった木枠の玄関より屋内は暖かく保てるのです。ただしこの日だけはいつもにまして冷え切って、まだ昼なのにうすら暗い上がり框がもはや非日常を感じさせる。今日は電気を使ってはいけない日です。灯の電気も電化製品の電気も使ってはいけない。本当は外にも出てはならず、家に閉じこもって通りを跋扈する魔物に見つからないよう息を潜めていなければならない。しかし当世では仕事もあるしそういうわけにはいかず、午前中だけ仕事に行って普段というものを片付けてもよいことになっている。現代に合うようにアレンジされたのだ。それでもやはり、まるで元旦と同様 いつもとは違う感じを人も町も持っていて緊張したり期待したりする。(続く)

           f:id:fanon36:20170925114910p:plain