大阪合気道自主稽古会

合気道経験者のための不定期な稽古会です。忙しくて道場に通えないが時々稽古したくなる人向け。流派は問いません。

武道のゼロ点を底上げする~NFによる未来の合気道

精神の状態を意識的に変化させることは、昔から人類の興味の的でした。瞑想とか自己催眠、正念、スピリチアルなど、どの文化にも見られます。ここでいう精神状態が脳の機能的変化とある程度関連しているという前提のもとに、精神状態を定量的に評価し、さらにコントロールすることが研究されているようです。

合気道についても、達人と呼ばれる人の肉体的特徴のほかに精神的(生理的、神経学的)特徴について武道家の興味を引いてきました。これを客観的に記録し、フィードバックすることで達人の追体験できるとしたら?

先日、川人光男博士(ATR脳情報通信総合研究所) の講演を聴きました (中之島リーガロイヤル 10月26日)。大変エキサイティングな1時間でした。

テーマは「人工知能で脳を操作する」

脳をモニターする、じゃないですよ?操作するんですって(decoded fMRI neurofeedback)!

脳をrealtime functional MRIで調べます。ある課題を達成するためには、どうやらこういうパターンで機能しているらしいと同定する。そのパターンに近づくと良いことが起きるという条件付けをする。そのパターンが習慣化する。 みたいなかんじ?

と理解しました。ITについて疎いため理解がずれている恐れあり。詳しくはATRのページを御覧ください。

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~
<以下(図も含む)はATRのホームページから引用(http://www.cns.atr.jp/decnef/about/)赤字は引用者  >
”復号化したfMRI信号のニューロフィードバックによって刺激提示なしに知覚学習を起こす脳科学では、脳活動を原因として結果として行動を引き起こす、因果関係の研究は従来行えませんでした。そこで、脳活動のデータから脳内の情報を解読し、それを短い時間遅れで脳に報酬として帰還し、結果として特定の空間的脳活動パターンを誘起する、DecNef(decoded fMRI neurofeedback)を開発しました。このDecNef法を用いて、ヒトの大脳皮質初期視覚野に特定の空間的な活動パターンを引き起こして、特定の視覚刺激に対してだけ知覚能力が向上する、いわゆる視覚知覚学習を導きました。これは、脳活動パターンを原因として、知覚学習が結果としてえられたという意味で、因果関係を証明したことになります。従来は、ヒトやサルに知覚学習をしてもらい、その時の脳活動とニューロン活動をfMRIや刺入電極による単一ニューロン記録法で調べる研究がほとんどでした。このような研究は学習と脳活動の相関を調べているに過ぎないので、ある脳領域、あるニューロンの活動が学習の原因なのか結果なのかについては、いつまで経っても結論が出ません。今回のDecNef法を用いた研究によって、初期視覚野の空間活動パターンだけで知覚学習を起こし、十分条件を示したことで、この論争に決着がつきました。また、臨界期を過ぎると神経回路が固定されシナプス可塑性がなくなると考えられていた初期視覚野でさえ、大人でも十分なシナプス可塑性を保持し、それによって知覚能力が向上する、つまり知覚学習が可能なことを示しました。” 

f:id:fanon36:20171112140031p:plain <引用終わり>

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように本来随意的にコントロールできない脳内の回路を、NF(ニューロフィードバック)によってコントロールしようというのです。fMRIを使ってオペラント条件付けのようなもの。(オペラント条件付け:報酬や嫌悪刺激(罰)に適応して、自発的にある行動を行うように、学習すること)

ほんとうに??調べると実際に治療に使用されているようです。面白い…。
➡ 天王寺こいでクリニックhttp://www6.plala.or.jp/it-sinryou/index.html
 
さて本題です。これ合気道に使えると思いませんか?名人と言われるひとの脳の動きをトレースする報酬系を作成するゲームがあれば、努力なしで自動的にある程度まで持っていける。その未来においては、今の名人級であることは最低限の実力なのです。入門者は最低限そこからのスタートで、さらに上達していく。よって現代では想像もつかないような武道のかたちになっているかもしれません。
ということの実験モデルになることを快諾してくれる名人はおられないでしょうか?
というかこのマシン、だれか作ってください。
そんな妄想をしながら、寒い川べりでしもやけ稽古をしています。

<おまけ> 

リアルタイム機能的 MRI・脳波ハイブリッドニューロフィードバック(NF)システムによる脳活動の自己制御および運動学習の強化 (設楽仁 第31回若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書 2014 pp.77-80

http://www.my-zaidan.or.jp/josei/publications/pdf/kenko-31/R31_77-80.pdf)

被験者の脳活動をリアルタイムにフィードバックすることによって目的とする脳活動へと自己制御できるようにするトレーニングを目指す最適な情報源とは。という論文。