大阪合気道自主稽古会

合気道経験者のための不定期な稽古会です。忙しくて道場に通えないが時々稽古したくなる人向け。流派は問いません。

稽古記録42番外編: 住吉 (2018/7/12)

2018/7/12 (木)19:00-20:00 住吉 ☆今日のポイント:縦運動は下半身で❗️ 中心を取る稽古の続きと、縦横同時運動です。はじめは道着を掴まず拳を押し付ける胸取り。結びが外れるとずれたり離れたりするので、結びの練習になります。 【1】結びはじめ 拳が当たる…

稽古記録41 (2018/7/9)

2018/7/9 (月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 引き続き木剣です。前後切りだけを詳しく練習しました。私達の八方切りでは足は パタ パタと踏み替えますが、前後切りだけ練習するときは踵であるクルリと回ります。足幅も狭くていいです。 Fi…

稽古記録40番外編: 東京本部道場・興隆会 (2018/7/7)

2018/7/7 (土) 6:30~ 東京本部道場の稽古に参加したついでに、興隆会に参加する機会がありました。 【1】本部稽古 早朝に道主の稽古があります。ベーシックな技だけを稽古しますが、組んだ相手から目から鱗がおちるような有用なアドバイスがありましたので…

稽古記録39番外編: 住吉 (2018/7/5)

2018/7/5 (木)19:00-20:00 住吉 中心を捉え続ける練習です。 ■ 逆半身突(外、内) 通常は外側にうけます(Fig.1, 1-3)。内向きに捌こうとすると突に真正面から向かっていく形になるので怖いですね。実際内捌きでは受の中心(ここでは喉元)を制してなければも…

稽古記録38番外編: 住吉 (2018/6/21)

2018/6/21 (木)19:00-20:00 住吉 Y先生による合気剣の指導です。 ◾️ かまえ カギ足で後足の踵を深く入れます (Fig.1A矢印①) 。前足の膝はすこし曲げます (②) 。柄の頭を臍の高さから下がらないこと。「剣を腹に載せる」ように (③) 。 Fig.1 だらんと下がらな…

稽古記録37 (2018/6/25)

2018/6/25 (月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし ◾️素振 前回の続きです。左指3本でしっかり待ち、振り終わりでも手と木剣の角度(Fig.1左上図☆)が開かないように。手根骨との間隙が橈骨側(右図A)と尺骨側(B)とで同じであるように。橈骨側が…

稽古記録36 (2018/6/22)

2018/6/22 (金)18:30-19:00 野外 <参加者> 2名 <負傷者>なし 素振りです。剣道とは全く違うので気をつけましょう。まず左手だけで振ってみます。 Fig.1 リズミカルにできると楽しい素振り

稽古記録35番外編: 住吉 (2018/6/21)

2018/6/21 (木)19:00-20:00 住吉 今回は「転換して柄に右手を置く(Fig.1B) →転換して切り降ろし(C)→転換して切り上げ(D)」の動きをベースにします。ポイントはBでは合掌した時の位置と同じになるので、強いになるということです。これで転換四方投をしてみま…

稽古記録34番外編: 住吉 (2018/6/14)

2018/6/14 (木)19:00-20:00 住吉 「転換して抜刀→切り上げ→転換して切り降ろし」(Fig.1 1-4) の動きをベースとして基本技を見直します。ポイントは(2)ではただの転換でなく抜刀と想定すると、相手の力を貰って柄に手が届くくらい深く腹を回し、大回りに刀を…

稽古記録33 (2018/6/8)

2018/6/8 (金)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 懸案の座り呼吸法を集中的に。 <1> 力の使い方を有効にするやり方 (Fig.1) ①腹の力(腰椎骨盤股関節)と、②下から上に向かう強い力を使う。①については寝かせた骨盤を立てることで腹からにじ…

稽古記録32番外編: 住吉 (2018/6/2)

2018/6/2 (土)18:30-20:00 住吉 先輩から剣の理合 (りあい) がすっぽ抜けていると指摘され、Y先生の道場で練習させてもらいました。 Y先生は木剣で技をやって見せてから、徒手でやります。木剣は軽く柔らかいもののように見え、素早いのに静かです。そのよう…

稽古記録31 (2018/5/28)

2018/5/28 (月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 今回は大きな節目になるでしょう (私にとっては)! 私には真似したかった二教があります。合気会H先生のです。よくある「効く二教」は、手首や肘を痛めつけて、痛いから動けなかったり逃れよ…

遠藤征四郎先生「響きと結び」

合気道50周年 佐久道場20周年の区切りに書かれたそうです。記念のものだし、英訳付きなのが勉強になるので高いけど買っておくかな、という程度の気持ちでした。ところが大変質の高い教科書だったのです。 もともと厚くなく、写真も豊富で美術展の目録のよう…

稽古記録30 (2018/3/26)

2018/3/26 (月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 早い開花 今回は、「攻撃を受けるときの手」練習です。その前に圧センサーの復習を2つ。 【1】 脚で推手? 前回練習した推手を膝でやってみます。合気道にはキックはないし、袴に隠れている…

仙腸関節の機能(後編):球形の梃子

《続き》 前々々回:「病の声=仙腸関節のヒント 」 前々回「『仙腸関節を意識する』ときの意識」 前回「仙腸関節の機能(前編):弛みと中心帰納」 ■ 梃子の構成要素: 丹田? 仙腸関節を漫然と「中心らへん」とか「錘っぽい」と捉えると単独で機能するもので…

仙腸関節の機能(前編):弛みと中心帰納

《続き》 前々回:「病の声=仙腸関節のヒント 」 前回「『仙腸関節を意識する』ときの意識」 一日中 何をするにも仙腸関節を意識していると、この関節の面白い機能が分かってきましたよ。 【仙腸関節の機能① 弛め】 はじめに分かったことは、仙腸関節を弛(…

「仙腸関節を意識する」ときの意識

《続き》前回:「病の声=仙腸関節のヒント 」 ぎっくり腰を契機に仙腸関節を意識すると面白い発見があるのだいう話をしました。さてその前に、仙腸関節を意識するとは具体的にどういう状態を指すのでしょうか?なんとなくお尻のあたりを気にする感じ、でい…

病の声=仙腸関節のヒント

人生初の急性腰痛症 (ぎっくり腰)になりました。翌朝、整形外科医にこっそり相談したら、「これくらいはマシなほうだが、悪化すると面倒だから安静に。」とのことでした。 腰痛症なんかすぐ治せるだろうな、という治療家にも思い当たります。しかし、病気や…

"Implosion" ー 合気道の求心的な力

(Tornado - Wikipedia) オーストリアで道場を開いているY氏は帰国したとき合気会に現れます。180cmを越す体格ながら羽毛のように柔らかく、組むとフワリと上に重心が浮き、足と畳の摩擦がきかず踏ん張れない…という技を使います。上下がこんがらがって、ドラ…

稽古記録29(2018/3/12)

2018/3/12 (月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 今回は、動作の途中も折れない手を維持する練習です。 【1】接触点の感覚(センサー)を鍛える 【1-1】推手 相半身で前腕を軽く接触し、その圧のまま押す(Fig.1 上A)。両脇に逸れないように、…

物理学酒場10: 相対性理論⑥

【謎空間】 今日は相対性理論の仕上げです。リロンのところは適当に飛ばして、結果から世界がどうなっているっぽいか想像しましょう。

冥王星島22

柳浦二丁目の千里眼 (後) (続き) 私は学校を出てからずっと本土で働いている。忙しい生活の合間に昔を思い出すことが増えた。仕事で関西を通過する機会があったので、そこにいる姉と食事をすることにした。

稽古記録28(2018/3/5)

2018/3/5 (月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 今回は雑巾の代わりに清潔なハンドタオルを用意しました。写真のような物がちょうど良いです。

冥王星島21

柳浦二丁目の千里眼 (前) 下の兄が千里眼で、集落内では有名だった。失せ物を当てることができたので、時々近所の海女さんなどが海のものをお礼に持って来たのを覚えている。

深夜回診10

いい医療とは何か。人によって違いますが、その社会の全体的なコンセンサスはそこに暮らしていると分かります。ここでは、それは良し悪しがデータで判断でき、自分が他の人より損することなどあってはいけない医療です。人生でもそうです。自分の人生の価値…

動禅 ー 味噌を仕込む

2年後の味噌を仕込みに 山へ入る。寒い方がゆっくり熟成して良い味噌になります。乗鞍岳と御嶽山に挟まれた峰は青い樹氷に閉ざされて氷点下です。 「合気道は動く禅」だと よく言われます。師範がそう言うのを聞いたことがあるし、遠藤征四郎先生の本にも出…

物理学酒場9: 相対性理論⑤

【謎空間】 神戸のとあるレストランに夜な夜な集まる緩い集団。今回は殆ど数学のように見えますが、最後にはとても物理的な「なるほど!」感が得られます。想像や、数式を使わない例え話だけではこの納得感は無理なので、頑張っていきましょう。これだけ分か…

稽古記録27(2018/2/19)

2018/2/19(月)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし ★ 力を入れることもある ★ 道場の隅の雑巾大活躍 【復習】 ■ 前回やった毎日運動その①外股踵上げの発展形です。 外股でつま先立ちするだけでも脚~腰の後ろ側の筋肉が鍛えられました。さらに…

稽古記録26(2018/2/16)

2018/2/16(金)18:30-20:00 地下道場 <参加者> 2名 <負傷者>なし 【毎日運動】 ここで、毎日行う基本運動5つを挙げます。 ① 外股踵上げ (稽古記録18【4】歩くための筋トレ) ② 股関節回し (稽古記録24【2-2】体の移動のしかた) ③ じっくり歩き (稽古記録19【…

稽古記録25番外編(2018/1/28)

芦屋道場 雪 正面打で 接点の圧を変えずに腰を入れる の練習をしました。いつまでたっても難しい。電車などで自分の腕を押したり掴んだりしてます。 昔は手持ち無沙汰になるのが嫌で鞄には必ず文庫本を入れていましたが、今は自分の腕で時間が経ちます。 ■ …